まだ、レンタルしてるの!? ▶

会社員の10.9%は副業で稼いでる。これから副業したい人は41.0%

会社員の10.9%は副業で稼いでる。これから副業したい人は41.0%


副業で稼ぎたいけど始めるのはまだ先かなと思ってる会社員
「最近よく副業、副業ってニュースやネットで見るけど、実際のところ会社員の何パーセントの人が副業をしてるの?それと、副業を始めてのデメリットや収入を知りたいな」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・正社員で副業を実施中の人は10.9%

・今後副業を始めたい人は41.0%

・副業時間は1週間で約10時間30分


・副業のデメリット(体調を崩す。本業に支障など)


・副業のメリット(本業のモチベーション向上など)


・副業による平均月収は68,200円


副業の目的トップはお金

現在の私は会社員で副業ブログの初心者。副業について気なる記事を見つけたので内容についてわたしの意見も交えつつ解説しますね。

引用
パーソル総合研究所、副業実態・意識調査結果【個人編】を公表
加速する副業。正社員の 10.9%が副業実施中、1年以内の開始 41.3%
副業で本業のモチベーション向上23.1%。副業の平均月収6.82万円 デメリットは過重労働。副業で体調崩す13.5%、本業に支障きたす13.0%

総合人材サービス、パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームである株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:渋谷和久)は、副業に関する個人や企業の実態把握を行い、企業がとるべきアクションを明らかにすることを目的とし、自主調査として「副業の実態・意識調査」を実施しました。このほど調査結果である個人編・企業編のうち、個人編を取りまとめましたのでお知らせいたします。

 

この記事を読めば、
これまで副業を始めるか悩んでいた方も副業の現状が分かり、副業について実際に行動を起こすきっかけになるのではないでしょうか。

 

サラリーマンこそ副業ブログに相性バッチリ!【5つの理由】

 

正社員で副業実施中の人は10.9%


社員100人の会社なら、11人の人は、本業以外にブログ、YouTube、クラウドソーシング、ぜどりなど、なんらかの副業を行っていることになります。
過去にしていたことがある。ではなくて、現在進行形の人の割合です。

これには人によって受取り方が違うんでしょうけど、わたしは、想像通りって感じでしたね。少なくもなく、多くもなく、妥当な数字かと。

会社員で副業してる人の多くは、職場の人には話していないと思われるので、いつも一緒に仕事をしている同僚が実は副業で稼いでいるという、状況が結構あるということですね。

これから副業を始めたい人は41.0%

今回の記事でわたしが一番、驚いたのがこの数字。
副業をこれから始めたいという人が41%もいるんです!

わたしも副業を始めたいと思い、ブログをスタートしたので気持ちは分かりますが同じように考えている人がこんなに沢山いるんですね。

なので、今後、副業に関する話題や情報は溢れてくると予想されます。少しでも早くスタートし、優位性を獲得しておく必要がありますね。

10%の人はもうスタートしていますが、10人中、2番目にスタート出来る可能性はある訳です。そう思うと、急がなきゃと思いますね。

副業にかける時間は1週間で約10時間30分

会社員の方は本業があるので、副業に使える時間は限られます。朝8時〜17時まで勤務し、残業なしでも帰宅したら18時。

帰宅してから、翌日出社時間までが基本的に、副業に使える時間になります。

食事して、風呂入って、睡眠もとる必要があるので時間は限られます。小さなお子さんがいたら更に限られます。(わたしも3歳児の父親)

なので、会社員で副業で成功するためには、限られた時間を効率的に使うことが必要不可欠かとブログを始めて実感しています。

わたしの場合だと、帰宅後22時〜24時、朝5時〜6時がブログに使える時間です。経験者あれば1時間で出来ることが、初心者だと何倍も時間が必要です。

始めのとっかかりの時期が最も時間が必要かと思います。特にブログの場合は最初にやることが多くて大変。なかなか記事を書くところまでいかないみたいな。笑

なお、わたしがブログを始めてからの時間効率化のために実践していることがいいくつかあるので、書いておきます。少しでも参考になればと。

・通勤時間はYouTubeでインプット

・記事ネタを思いついたらメモ帳アプリ

・メモ帳への入力は音声入力


・記事の定形フォーマット作る


・会社の本業は効率化と省エネ化

会社員の副業は特に時間の使い方が重要です。同じ時間でも、やり方によって効果は何倍にも変わるはず。本業、副業とも効率化を目指しましょう。

会社員副業のデメリット・メリット

デメリット

・過重労働となり、体調を崩した(13.5%)
・過重労働となり、本業に支障(13.0%)
・本業をおろそかにするようになった(11.3%)

これについては、「本業をおろそかにするようになった」がちょっと分かります。だけど、本業があっての副業。ちょっと注意したいと思います。

メリット(副業による本業への変化)

・本業へのモチベーション向上(23.1%)
・本業の仕事での集中力向上(22.0%)
・本業の仕事での効率性向上(21.3%)

これは、副業時間を作るため、本業を効率的にして残業時間を減らしたい。からでしょうね。実際、わたしも残業時間が減りました。いままでは何だったの?って感じです。

副業は会社とは違って、個人の頑張りによって成果が変わってくので、モチベーションが違うのが大きいのではないでしょうか。

 



 

副業による平均月収は68,200円

収入は副業の業種や経験年数によってバラつきがあるかと思いますが、本業以外に68,200円あれば、だいぶ違いますよね。これまでちょっと我慢していたものを悩まず購入したり、食べたり、遊んだり、出来ますよね!いいですよね!

なお、データによっても収入の1万円、15万円あたりで大きな壁があるのが分かります。

副業の平均月収

・1万円未満
-第1の壁———————
・1〜2万円(2.6%)
・2〜3万円(20.0%)
・3〜5万円(14.9%)
・5〜10万円(20.0%)
・10〜15万円(23.8%)
-第2の壁———————
・15〜20万円(9.9%)
・20〜30万円(2.7%)
・30万円以上(3.9%)

副業の目的トップはお金

これは社員の方でもお金に苦労してるってことでしょう。特に20代〜30代の若い世代ほどお金を目的としている割合が多くなっています。

また、この世代は年金の心配も大きいので、今のうちに少しでも貯金しておきたい方が多いのではないでしょうか。

ただ、今の時代の風潮と環境であれば、どの世代の方でも色んなことで副業として収入を得るチャンスがあります。

わたしもブログを開始しましたが、ブログをきっかけにブログ以外の副業にも挑戦していきたいですね。

わたしの目的も、お金を稼いで、家族で豊かに暮らしたい。です!

最後にまとめます。

・正社員で副業を実施中の人は10.9%

・今後副業を始めたい人は41.0%

・副業時間は1週間で約10時間30分


・副業業務時間の効率化が不可欠


・副業のデメリット → 体調を崩す。本業に支障など


・副業のメリット →本業のモチベーション向上など

・副業による平均月収は68,200円

・副業の目的トップはお金

以上、下記の引用もとデータからブログ初心者の視点で解説しました。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!

[box06 title=”あわせて読みたい”]会社員の副業初心者が副業にブログを選んだ5つの理由[/box06]

 

引用
パーソル総合研究所、副業実態・意識調査結果【個人編】を公表
加速する副業。正社員の 10.9%が副業実施中、1年以内の開始 41.3%
副業で本業のモチベーション向上23.1%。副業の平均月収6.82万円 デメリットは過重労働。副業で体調崩す13.5%、本業に支障きたす13.0%

総合人材サービス、パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームである株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:渋谷和久)は、副業に関する個人や企業の実態把握を行い、企業がとるべきアクションを明らかにすることを目的とし、自主調査として「副業の実態・意識調査」を実施しました。このほど調査結果である個人編・企業編のうち、個人編を取りまとめましたのでお知らせいたします。

 

 

会社員が副業ブログを始めて本業へ影響のあった4つのこと【1ヶ月目】

サラリーマンこそ副業ブログに相性バッチリ!【5つの理由】